カートを見る

生産の様子と苗木のタイプ

イチジクの苗木は、次のような過程を経て育ちます。いちじく畑の苗はすべて自社生産です。

  • (1月中旬~) 母樹から枝をとります
  • (3月上旬~)特別な温床・温室設備の中で管理します
  • (5月下旬~)お客様の元へ旅立ちます
  • (2月上旬~)挿し木発根促進剤をつけてから挿します
  • (4月上旬~)根がしっかり張っているものから順に15cmポリポットに植え替えます

苗木のタイプ

いちじく畑で販売する苗木は、下記4タイプがあります。
(苗木タイプの品揃えは品種により異なります)

  収穫まで1〜2年待てる方へ すぐ収穫したい方へ
苗木タイプ 規格別>15> 規格別>素掘り>※写真は接木苗です 規格別>21> 規格別>30>
Φ15cmポリポット仕立て(小苗 / 1-2年生) 素掘り(すぼり)苗 Φ21cmスリットポット
(中苗 / 1-2年生)
Φ30cmスリットポット
(大苗 / 2-3年生)
周年植付け可
露地植え可
鉢植え可
休眠期のみ植付け可
露地植え可
鉢植え可
周年植付け可
露地植え可
鉢植え可
周年植付け可
露地植え可
鉢植え可
素掘り苗の弱点を補う扱いやすい苗木です 11~3月 春に接木・挿し木をし秋の落葉(休眠期)を待って掘り取りした1年生の苗木です Φ15cmポット苗(または素掘り苗)当園にて植え込み育成した苗木です
こんな方に
おすすめ
畑など、広い空間で枝の仕立て方を自由に行いたい方。本格的に楽しみたい方、農家の方。(鉢栽培も可能です) 早くたくさん収穫したい方。ベランダ、玄関脇等、限られた空間で育てたい方。手軽に楽しみたい初心者の方。Φ30cm苗は立派な成木なのですぐに生産に使えます(農家さん向け)



5~10月
生育中苗
翌年秋から収穫可
(開心自然形で下図「A」のように栽培する場合)
- 翌秋(秋果)からほぼ収穫可。本格的な結実は翌々夏(秋)から可

その年の夏果、秋果ともに収穫可

11~4月
休眠苗
翌々年の夏から収穫可
(開心自然形で下図「B」のように栽培する場合)
販売は11~4月。
翌々年の夏から収穫可
到着後、植え込み時に根と枝を整理し植えつけます。翌秋の収穫はできません。しっかり骨格を作り枝を充実させ、2年目から収穫を迎えましょう
その年の夏果から収穫可

生育中苗と休眠苗の栽培方法(一般的な仕立て方)